今年デビューで無傷の3連勝。

ムチがいらない。

岩田騎手もぞっこん。

そして前走つばき賞に騎乗した川田騎手の「いい経験させてもらいました」がすべてを物語る大物。

それがファンディーナ。

 

ディープインパクト産駒の中でもなぜか大型馬のほうが走るイメージがありますが、この馬も牝馬ながら雄大な馬体。

初の関東への輸送、坂コース、相手関係etc・・・

終わってみたら5馬身差の圧勝。

 

桜花賞に向かうかどうかはオーナーと相談して、と高野調教師。

とはいえ、悲願のクラシック、クラブとしても調教師としても初めてになるだけにできれば桜花賞、いや今年なら皐月賞でも、ぜひ一冠目に参戦を!

待ってろソウルスターリング!

 

www.youtube.com